幹事の教習所

素早い会場準備の方法

投稿日:2008年3月7日 更新日:

当日でございます!さっそく会場を作りましょう!

料理

やってきました!当日です!まずは会場準備です!

といっても、披露宴に参加している幹事さんも多いはず!披露宴終了1時間後に二次会なんて場合、移動を考えると準備時間は30分です。

ここで、パニックになる人が多いので、焦ってはイケマセン。まずは冷静に披露宴に参加しない会社の後輩あたりに先発部隊として会場入りさせることが理想です。

それが不可能な場合は、事前にお店の人と会場のセッティングはこうしておいてとか、ケーキ&お花が何時頃届けられるので受け取って!など調整を行っておきます。

スポンサーリンク


すばやい準備方法

大掛かりなセッティングをしないのであれば、やることはカンタン。

①ケーキ&お花を受け取る
②受付用の机を準備
③ウェルカムボードを準備
④各テーブルに披露宴から取って来たお花を飾る
⑤各テーブルにキャンドルサービス用のろうそくを配置
⑥各テーブルにチェキ記入用ペンを配置
⑦ビンゴの景品をいやらしく配置
⑧映像、音響設備のセッティング&テスト

以上でございます。30分あれば十分に準備できます。

手の込んだ余興をする場合は、余興参加者に30分早く来てもらって、リハーサルをしておきます。そこで司会や音楽の打ち合わせを済ませます。

余興を成功させる舞台を作るのも、幹事の役目なんですよ!

開始の30分くらい前からぼちぼちお客さんが来られますので、チェキの撮影などをチャッチャと行い、余裕を持って二次会を開始しましょう。

慌てない

受付

幹事はひたすら慌てていますが、お店の人は段取りがわかっているので必ず、開始時間までには準備は終わります。

慌てずに確認項目を消化することが重要です!

POINT

披露宴に呼ばれていても慌てない!お店の人とある程度打ち合わせしておけば、必ず間に合う!
お客さんがなかなか会場に入ってきてくれないのよ。

-幹事の教習所

Copyright© 二次会を頼まれたら!結婚式二次会幹事道 , 2017 All Rights Reserved.