幹事の教習所

ハプニングの対処法

投稿日:2008年3月7日 更新日:

二次会はハプニングの連続!

しっかり準備もできて安心♪と思っていても、必ず起こるのがハプニング!避けては通れないと認識しましょう。

しかし、ご心配なく♪二次会のハプニングはすべて「お祝いごとですから」でなんとかなります。

ただ、心配症な幹事さんのために、ざっくりと対処法を伝授しておきます。

スポンサーリンク


新郎新婦の遅刻

新郎席

これがあるので、会場の貸切時間を2時間ではなく、2時間半~3時間に設定しておく必要があります。

まず、新郎新婦は必ず遅刻するものと認識します。

遅刻をどうしても防ぎたければ、

・式場から新郎新婦の荷物をホテルに運ぶ雑用係

・式場から二次会会場まで新郎新婦を車で運ぶ係

を任命しておきます。

披露宴終了3時間後に二次会を設定すれば、まず大丈夫です。

10分以上遅刻した場合、お客さんに先に飲み物を出します。

30分以上遅刻した場合、料理も出します。

1時間以上遅刻した場合はお店の人と終了時間を延ばしてもらえるように交渉します。

まず、発生するハプニングですので慌てず対処しましょう。ワタクシの経験でも1時間以上遅刻した新郎新婦がいましたが、お店の人と交渉してなんとかなりましたょ!

予約時に完全撤収時間をしっかり交渉して、時間に余裕を持たせましょう。

その他のハプニング

神父

音が出ない、マイクが壊れた、新郎が酔い潰れた・・・etc

遅刻以外にも、何かとハプニングは付き物。しかし、新郎新婦の遅刻以外は、大したハプニングではありません。

新郎が酔ってゲロを吐いても、「お祝いごとですから♪」で乗り切ります。

幹事がハプニングに動じず、対応していれば、ハプニングもどっきり企画に変化するのですょ!

POINT

新郎新婦は遅刻するものと認識する。遅刻以外のハプニングには動じず「お祝いごとですから」を連呼する!
まぁお祝いごとですから。

-幹事の教習所

Copyright© 二次会を頼まれたら!結婚式二次会幹事道 , 2017 All Rights Reserved.