地域別傾向と対策


新郎新婦の特徴をつかむ!

教会

今までワタクシが経験した中で、地域別の特徴と、新郎新婦の出身地での傾向をまとめてみました。

新郎新婦の出身地を確認して、傾向と対策を考えるなり、開催地の特徴を掴むなりして活用してみてください。

ただし、あくまでワタクシの独断と偏見と、ワタクシの友人の特徴なので、合っているかどうかはわかりません。悪しからず。



北海道 どんな失敗をしても笑って許してもらえる。大食い競争が好き。
青森 県外の会場で、料理にフジツボを出すと新郎新婦がウケる。
岩手 情報求ム
宮城 恥ずかしがりな新郎新婦が多いせいか、しっとりした二次会が好まれる。
秋田 情報求ム
山形 新婦がワガママ。
福島 新郎は二次会よりもキャバクラに行きたがる。
茨城 情報求ム
栃木 二次会に力をあまり入れない。
群馬 新婦の希望通りにしないと満足度が下がる。高崎市庁舎21Fのコートカフェがオススメ。←追記:潰れました・・・。
埼玉 なぜだか軽井沢で式を挙げたがるため会場に困る。レッズかアルディージャのネタを仕込むと喜ぶ。
千葉 千葉をあまり意識していない。
東京 生粋の東京出身者は地方で式を挙げる。会場の料金が高いため、安くていい会場を抑えられるかがポイント。
神奈川 夜景のキレイな高層の会場が好き。新郎が特にミエを張りたがる。
新潟 いい会場がない。どうしようもない。
富山 まじめな新郎が多いため、ゲストと歓談の時間をしっかり取ってあげること。
石川 新郎新婦がゲストに新鮮な海の幸を食べてもらうのが好き。
福井 新婦が我が道を行くため、幹事が怒る。
山梨 情報求ム
長野 しっかりと段取りされた二次会を好む。サプライズは必要ないかも?
岐阜 名古屋圏に近いため、結婚式・二次会に金をかける。派手な演出が好き。
静岡 静岡の駅前は悲しいぐらいにいい会場がない。
愛知 派手なのが好き。全国でも特に二次会に金をかける。幹事レベル高し。新郎新婦は階段を降りてきて登場したがる。
三重 二次会を結構テキトーに済ませる傾向あり。
滋賀 新郎新婦が京都市内で二次会をしたがる。二次会が終われば自然にオゴトに行こうという話になる。反対する者は少ない。
京都 京都出身の新郎新婦であって、特徴らしい特徴がないのが特徴。木屋町周辺はせまい会場が多いので帰りたくなる。
大阪 新郎新婦は新しいモノが好き。今までに見たことのない余興をすると喜ぶ。ゲストは会費にシビア。景品も多めに準備すること。
兵庫 夜景がキレイな会場が好き。「六甲山」という言葉に弱い。
奈良 大阪人よりも関西ノリが好き。
和歌山 何かと必死に頑張る新郎新婦が多いので、幹事が楽。
鳥取 情報求ム
島根 家族や親せきが二次会にしゃしゃり出てくる。
岡山 おとなしい新郎新婦が多い。どんな二次会でもいいと思っている。
広島 シャイな新郎が多いせいか、喜んでいても顔に出してくれない。でも、実は喜んでいる。
山口 ゲストが新郎を胴上げしたがる。
徳島 最新の二次会の情報を知っている新郎新婦が少ない。ゲストもよくわかっていない。
香川 新婦は自分が目立つことにすべてをかけている。
愛媛 情報求ム
高知 新郎新婦とゲストの仲間意識が強い。
福岡 新郎が泥酔する。二次会が終わればラーメンを食べに行きたがる。
佐賀 出身者自体が少ない。
長崎 二次会のお知らせは当日にするのが一般的。
熊本 新婦が盛り上げてくれる。新郎は黙って焼酎を飲んでいる。
大分 情報求ム
宮崎 新婦がリアルに不倫をしていたことが多いので、不倫はネタにしない。
鹿児島 特徴がありそうだが、実は色んなタイプの新郎新婦がいるので特徴を掴めない。
沖縄 結婚式・二次会にすべてをかける。半年前から仕事よりも二次会の余興・準備に明け暮れる。余興で友人ビデオのプレゼントをする。最も幹事が大変なところ。

情報がおかしい、間違っている!などの苦情や、新しい情報提供はinfo☆kanjido.netまで(スパム防止のため@が☆になっています)。

実は結構当たっているような気がしませんか?



幹事の心得幹事の心得
沖縄と名古屋出身の
新郎新婦に注意する!

PAGETOP