二次会予算収支表


とりあえずの会費を決める

会場を押さえて新郎新婦に招待者の人数を確認したら、とりあえずの予算を計算してみましょう。どの程度の予算になるかのおおざっぱな計算ですので細かい点は気にしなくて大丈夫です。

表に数字を入れるとだいたいの予算が見えてきます。

表が小さくて見にくいという方は⇒こちら




収入の部 支出の部
<会費> <店への支払>
新郎新婦 2 料理単価 2,500 ビュッフェの場合は、参加者×0.8人分くらい
参加者(男) 41 飲み放題単価 1,500
参加者(女) 27 280,000
70
<雑費>
会費(男) 8,000 ケーキ 30,000 どこで頼んでもだいたい3万円。
会費(女) 6,000 お花 5,000 高砂席用。あとは披露宴の花を持ってくる。
招待状 10,000 ケチるところではない。
<その他> その他 5,000 ビンゴカード、チェキのフィルム・ペンなど。
お祝い 0 幹事会費免除 40,000 人数が少ない場合免除するとかなりキツイ。
新郎新婦援助 0 ドタキャン予備会費 30,000 これだけは確保する。
120,000
収入 490,000 支出 400,000
ビンゴ景品代 90,000 残り全てをビンゴ代へ※
入力欄

<使い方>

①招待者数×0.7で参加者を入力。

②料理単価、飲み放題単価を入力。

③雑費に予定額を入力。

④収入が支出以上になるように会費を設定。

⑤会費が高額になるようであれば、幹事の会費免除を外す。

⑥それでも足りなければ、新郎新婦に援助を申し出る。

⑦それでも足りなければ、店を変える。

※ビンゴの景品代は会費収入の4分の1くらいが目安。(景品の数も参加者の4分の1くらい。)

ビンゴをしない場合はいらないが、その分会費を安くすること。




二次会予算収支表(テンプレート)エクセル

二次会予算収支表(テンプレート)PDF

幹事の心得

自分のサイフから金を出すと
思ってやりくりを考える!

PAGETOP